前橋で印鑑を購入する時の注意点と販売店の選び方

売買契約を結ぶ時や書類による申請で必要となる印鑑にはいくつかの種類があって、それぞれ特徴や効力が異なります。中でも重要な場面で使われるのが実印です。実印は印鑑の中でも法的な効力が強いため、決められたルールに従って作らなければいけません。

今回は、実印を作る時の注意点を説明すると共に、購入する時のお店選びのポイントについて紹介していきます。

実印の特徴と必要な場面

日本では書類内容の重要性によって使用する印鑑の種類が細かく定められています。不動産の購入やローンの契約、保険金の受け取りといった特に重要な場面で使用されるのが実印です。実印は捺印をした人が本人であることを証明する印鑑のことを言います。

通常の印鑑との大きな違いは印字されている名前です。一般的な印鑑が苗字だけの記載なのに対して、実印はフルネームで制作するという特徴があります。法的な効力が強いと言われるのはこれが理由です。とはいえ、必ずしもフルネームで作らなければいけないという決まりはなく、苗字や名前だけの記載でも問題はありません。

しかし、日常使用する印鑑と区別をするために性別を問わず大半の人がフルネームを選択します。実印はただ作るだけでは意味がありません。完成後に住んでいる自治体に届け出を出して印鑑登録をすることで初めて有効となります。

前述したように実印は不動産などの大きな買い物での契約で使用されるため、第三者に悪用をされると大きな被害に見舞われるケースも少なくありません。こうした理由から、コピーを防ぐために登録は1人につき1個だけと決められています。

万が一盗難や紛失をした場合は速やかに自治体に改印届を出して新しく作り変えなくてはいけません。

制作する時の注意点

実印の制作にはいくつかのルールが設けられていて、一つでも問題があると登録することができません。まず基本として挙げられるのが印影になります。印影とは印鑑を押した時の朱肉の跡のことです。自治体ごとに細かい違いはありますが、大半の所が8mmの正方形に収まらず、25mmの正方形をはみ出さない物と指定されています。

一般的な印鑑と違って実印はフルネームで作ることも多いため、サイズが小さすぎると名前の確認がし難くなるので注意が必要です。場合によっては登録時に断られてしまうケースもあるので、既定のサイズを超えない範囲で読みやすい大きさにすることがポイントになります。

印影の形による決まり

印影のサイズと共に気を付けなくてはいけないのが形です。印鑑というと印影の形が円形が一般的ですが、この形は法律で決められているわけではありません。四角い形状の角形、縦長の楕円形なども認められています。実印も同様に、個性を出すためにこれらの形状を選択する人も少なくありません。

形に決まりはないと言っても星形など特殊過ぎる物はNGとなります。また、名前だけで輪郭がない、あっても一部分が欠けている物も断られてしまうので注意が必要です。輪郭のない印鑑は均等に力が入りにくく捺印で失敗するリスクが高い、偽造がしやすいというのが主な理由に挙げられます。

刻印内容のルール

実印には中に記載する文字にも細かいルールが設けられています。大半の人がフルネームで制作をしますが、文字数の問題で全て刻印するのが困難という場合は苗字、名前だけでも問題はありません。刻印には戸籍に記載されている名前を入れるのが基本です。

そのため、戸籍に記載されている名前が漢字表記になっている場合は実印も漢字、外国籍で名前がカタカナの人はカタカナで作る決まりとなっています。女性の中には旧姓で制作をしようとする人もいますが、戸籍の記載が旧姓でなければ認められません。

氏名以外の刻印も禁止となっているので、イラストや業務上の肩書もNGとされています。

印鑑の材質の規定

制作をする上で意外に見落としがちになるのが印鑑の材質です。一口に材質といっても様々な物がありますが、実印では使用に伴う変形が起こりやすいゴム印、スタンプなどの材質は禁止とされています。自治体によっては文房具店などで販売されている数百円程度で購入できる三文判も認めないケースも少なくありません。

これは三文判は同じ印影の物が複数存在するので第三者に悪用されやすいというのが理由になります。印鑑を専門に販売しているお店であれば実印の規定をクリアーした材質で制作してくれるので安心です。

お店選びの見極めポイント

前橋で実印の制作をする時のお店選びの大事なポイントが金額です。実印の制作に掛かる費用は印影のサイズや印鑑の材質によって若干の違いはあります。印影のサイズを大きくしたり質感を求めて象牙などの高級な材質を選択すれば制作に数万円以上かかるケースも少なくありません。

少しでも金額を安く抑えたいというのであれば、一つのお店で判断をせずにいくつかピックアップして比較検討をすることが大切です。

対応力の広さ

金額と共に重要なポイントとなるのがサービスの充実です。日本には一般にはあまり使われない珍しい漢字を使った名前の人も多くいます。刻印は漢字が複雑になるほど技術が必要となるため、名前が難しいという理由で断られてしまうケースも少なくありません。

お店を選ぶ時は事前にこの点を確認しておくことが大切です。材質も同様にお店ごとに取り扱っている物が違います。せっかくお店に足を運んだのに希望する材質がなかったから仕方なくある物の中から選ぶという人もいますがこうした妥協は後悔の元です。

事前にサービスや取り扱い商品について確認しておくことが重要になります。

依頼から手元に届くまでの日数

三文判の購入と違って実印はオーダーメイドとなるため、制作にはある程度の日数が掛かります。大半の所は数日程度で完成しますが、利用者の多い人気店では注文が殺到しているなどの理由で一週間以上掛かる所も少なくありません。

急ぎでない場合は特に気にする必要はありませんが、契約のためにすぐにでも必要という場合は依頼をする前に確認しておく必要があります。

使いやすさを考慮する

人間の手の大きさは性別や体型によって異なります。自分の手の大きさに合わない印鑑は使いづらさによるストレスや捺印時のミスに繋がる原因の一つです。三文判と違って実印は原則1つしか持つことができないため、完成後に使いづらいと感じても手遅れになります。

制作をする時は金額だけでなく、使いやすさを考量してサイズにもこだわることが大切です。